フィンペシアはジェネリックなのでリーズナブルに購入できます

フィンペシアは発毛、育毛の分野で人気のある薬剤です。フィナステリドという成分が入った薬のジェネリック商品になります。ジェネリックとはご存知の方も多いとは思いますが、後発医薬品と言って物質特許が切れた商品をほかのメーカーが後を追って作るもので、効果や成分は全く同じになります。開発研究費を使わずに製造できるため安価に供給できるのが特徴です。男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変わるときに脱毛は進行します、その変換を進める酵素の働きを抑える成分がフィナステリドであり、これを含むのがフィンペシアです。脱毛を抑制し、いままで太く成長する前に抜け落ちていた髪がきちんと太く成長するようになり、抜け毛が減って髪が太くなるため増えて見えるようになります。髪は1か月やそこらで成長する物ではありません。たとえ抜け毛が減ってもボリュームが増えてきたように感じるようになるまでには時間がかかります。そのため効果があると分かっていても高額なものはなかなか経済的に続けることができませんでした。しかし、ジェネリックであるフィンペシアは先発薬品の約半分の価格で購入できるので、長く続けることができ、効果を実感することができるというわけです。

フィンペシアがお手頃価格なのはジェネリック医薬品だからです

近頃TVのCMでも良く耳にするAGAという言葉をご存知ですか。思春時以降の男性に見られる、男性ホルモンの影響で髪の毛が太く長く育つ前に抜け替わってしまう事で、だんだん生え際や頭頂部が薄毛になってゆく症状です。フィンペシアは、その男性ホルモンを抑制する薬です。皮膚科などで商法されている男性ホルモンを抑制する薬のジェネリック医薬品になります。ジェネリック医薬品の特徴は、新薬と同じ効能を持ちながら先発の医薬品メーカーの特許技術を使わせてもらうため、研究開発費がかからない分、安い価格で提供できる点にあります。フィンペシアも先行新薬の約半分の価格で購入することができます。髪が伸びる速度を考えれば分かり易いのですが、AGAの治療にはとても時間がかかります。その為、薬の飲用期間も長期に渡ります。飲み始めて効果が出始めるのは個人差もありますが、およそ3ヶ月から6ヶ月ほどかかります。そして症状が改善されたからと服用をすぐ止めてしまっては、またもとの状態に戻ってしまいます。長く飲み続けるので、少しでも安価な薬の方が治療費を抑えることができます。ただしフィンペシアは、先行医薬品の特許期限が切れる前に外国で作られたジェネリック医薬品の為、日本国内での販売は行われていません。製造元は外国ですから、自己責任においての個人輸入での購入という方法になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*